全自動合金ホイール修理機

ダイヤモンドカット合金ホイールの最新技術

Wheel RestoreのWR-DCM3

HBCシステムの完全に自動化されたホイール リストアマシンは、最高品質の仕上げと最短のターンアラウンドタイムを提供します。

新車の大半には合金ホイールが標準装備されており、利用可能なさまざまなデザインが増えています。

この成長する市場に伴い、ダイヤモンドカットホイールの修理に対する需要がますます高まっています。

ダイヤモンドカットとは、旋盤にかけられ、ホイールの塗装面の一部または全体が機械加工されて、光沢のある合金仕上げが施された合金ホイールです。

この仕上げを作成するために、実際の合金のごく一部が機械加工されています。その後、腐食を防ぐためにラッカー塗装が施されます。

タイヤを取り外さずにホイールを修理する

WR-DCM3 マシンは、タイヤの有無にかかわらずホイールを処理できるため、市場で非常にユニークです。最初にタイヤを取り外す必要がないため、ガレージや技術者の貴重な時間を他の場所に費やすことができます。

夏タイヤ、冬タイヤは保管に伴う修理が可能です。ガレージは、作業の少ない期間に修理を行いながら、さらに時間効率を高めることができます。

シンプルで直感的なインターフェース

合金ホイール修理機の中核にあるのは、デンマークで設計および設計されたオーダーメイドのソフトウェアです。ソフトウェアは、タッチスクリーンインターフェイスで修理手順の各ステップを明確に視覚化します。

当社のインターフェースは、100%合金修理用に設計されています。同等の機械は、多くの場合、CNC旋盤に変換されます。基本的でしばしば複雑なユーザーソフトウェアを必要以上に大規模にインストールしてワークショップを終了します。

開始タスク

プロービングホイール

フライスホイール

仕上げ作業

独自のモバイル ワークショップを構築

WR-DCM3ダイヤモンドカットマシンは、汎用性を考慮して設計されています。コンパクトながら頑丈な設計により、バンやトラックの後部に簡単に設置でき、モバイル修理サービスの一部を構成できます。

寸法は700x1470x2000mm、重さはわずか450kg。マシンを標準的なハイバンに取り付けることができます。機械は単相ソケットで動作し、高度なノイズリダクションにより超静音動作が保証され、駐車/操作する場所を選択する際のほとんどの制限が排除されます。

修理の種類

縁石の損傷、破片、ダイヤモンド カット アロイ ホイールのエッジの欠け。

ホイールサイズ

ダイヤモンドカットアルミホイール<30
インチのチップは、60~90の一般的なホイールの後に交換する必要があります。

修理時間(平均)

典型的な18インチホイール20分

修理時間(平均)

複雑な車輪30分

X軸移動655mm
Z軸移動350mm
最大ホイール径30インチ
電源230 / 110V 16アンペア
寸法 (長さ×幅×高さ)990(1405)×1020(1100)×1690(1730)mm
重さ450kg

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください